目の上のたんこぶならぬ・・

若いころは特に気にならなかったのに、40代になって気が付いた右目のまぶたのシミ・・。小さい内にやれる事やっておけば良かったのに、放置してたらかなりの大きさになってしまいました。「シミもシワも自分自身だから、気にしない~!」と思い込もうとしてた時期もあったけど、写真を撮ると良くわかるようになってしまい、集合写真を撮るのも嫌になってしまいました。

このままじゃダメだと思い立ち、まず化粧品を変えてみようと、ハイドロキノン配合のお高めの化粧品を購入。毎回まぶたに念入りにぬりぬり。頑張ったけど、結局薄くなることは無く断念。その後も何か無いかとネットで調べてみると、近所の皮膚科でシミ取りをやっているのを知りました。以前通っていたところだったから、手荒れの治療のついでに行ってみました。

1回6000円くらい(病院とシミの数によって異なると思います)。月に1度くらいだから支払えない額でもないのでやってみる事に。これが痛い!!氷で冷やして感覚を鈍られてから施術するんだけど痛い!!でも、痛い分、化粧品より効果があり。普通にファンデーションを塗れば隠れるようになりました。

行ったり行かなかったりだったので期間は1年以上かかったし、まだ綺麗に消えたわけでは無いですが、目の上のたんこぶならぬ目の上のシミがだいぶ気にならなくなって、鏡を見るたびに出たため息も少し減ったかも。今はだいぶ期間が空いてしまったけど、もう少し続けてみようかと思っています。

その病院の先生曰く「70代80代のご年配の方も来られてますよ」と言うお話でした。何歳になっても、女性は綺麗になりたいんです。