女子中学生の頃に一目惚れされ貰ったもの

これは私が中学3年生の頃の話です。

出会いは、地元のお祭りに友達数人で出かけました。

医者との出会いが見つかる婚活サービス!

どうやらそこで一目惚れされたようで、翌日家に電話がかかってきてその後、ちょくちょく電話がかかってくるようになり、時々会うようになりました。

でも当時私には他に付き合っている彼が居たので付き合ってはいません。

数カ月後の私の誕生日に呼び出され、「家に帰ってから開けてね。」と可愛くラッピングされた包みを渡されました。

家に帰って開けてみると、手紙と誕生石の指輪と、な・な・なんと!!

そこには、高校生の彼が自分の顔をタペストリーにしたものが入っていました。

手紙には、「Aちゃんお誕生日おめでとう。Aちゃんの誕生石の指輪と、タペストリーを送ります。部屋に飾っていつでも僕が近くにいることを感じててください。」と。

ただただビックリ。

初めてもらった指輪は嬉しく、指につけてみるとサイズはぴったり。

自分の指輪のサイズも当時知らなかったのに、今思えば彼は何で知っていたのだろう。

だけど、指輪にしてもタペストリーにしても貰う理由はないので、後日綺麗にラッピングし直して

「私からの気持ちです、受け取って下さい。家に帰ってから開けてね!」と返しました。

今思えば、笑いのネタになりそうなタペストリー。返さなきゃよかった。