見て見ぬふりをしていてはいけないと気付いてしまった肌の衰え

先日、人間ドックに行った結果が返ってきました。結果一覧を見ながら、まあ内臓系は異常なくほっとしながら読み進めていくと、眼科に緑内障に将来なる可能性ありなどと書かれていたため慌てて眼科へ。

眼底検査など色々行い、最後画像を見ながら説明をしてもらいました。結果的には目には異常はなかったのですが、その時の画像を見た瞬間「先生、これは私の画像ですか?」と聞いてしまいました。象の肌のようなしっかりとしたしわしわが目じりにしっかりとあったからです。http://www.asgaiainnovacion.com/

女性の中年の医師だったのですが、「間違いありませんよ。アップにすればこうなるんですよ。」とあきれた顔で仰いました。それを見た日から私はスキンケアの大切さを改めて感じました。普通にスキンケアはしていたつもりでしたが、基本の洗顔方法に問題があったかもしれません。

しっかりと泡立てることが面倒で、手のひらの上でクチュクチュとは泡立てたつもりで洗顔していました。泡立てネットを購入してしっかりと泡を立てて、クリーム状になってから肌に触れないように優しく優しく泡を乗せるように肌に置き、優しくマッサージ。はじめは時間がかかって面倒だと思っていましたが、洗顔後のすっきり感が全く違うことを認識しました。現在二か月経ちましたが肌のトーンが明るくなったことを感じます。

あれこれ洗顔料、化粧品などを良いと聞けば購入してを繰り返してきましたが、同じものを使っても基本をしっかりと気を付ければ変化があるんだということに気づきました。若い時は肌の悩みなどを持たなかったので肌のことを見て見ぬふりをしていましたが、やはり年齢を重ねてくるとより気を付けなくてはいけないですね。今回の人間ドックは体の健康よりも肌の健康に気づかされたものでした。筋トレと同じようにお肌も毎日磨いてあげると必ず効果が出るものです。