やっぱり生活習慣と食事、睡眠が大切 

40代に入ると痩せにくくなると言われています。私は、30代なのですが「30代から痩せにくくなる」と聞いた事があります。友達と食事する際にも「最近、痩せない」や「ダイエットしたいんだけど痩せない」など会話の中で出来来ることです。では、どうすれば太りにくく痩せやすいか?それは、食生活と睡眠がカギとなります。http://www.manyhappyreturnsidp.com/

一つ目は、食生活です。皆さんは、基礎代謝と言う言葉を聞いた事がありますか?基礎代謝とは、一日に必要なエネルギーの事です。基礎代謝は、20代後半から低下していきます。なので、低下しているにも関わらず食生活が20代や30代と同じ食事で済ませていると余分に摂ってしまい、余ったエネルギーは脂肪になるので脂肪が蓄積されて太ってしまうのです。食事は、栄養バランスを考えて摂る事が大切です。

特に40代の食事で大切なのは、「低脂質高たんぱく質」を摂ると良いと言われています。鶏肉、大豆が代表的です。量も沢山のおかずでは無く、一汁三菜を基本で作ると良いと言われています。

脂肪が蓄積されてしまうと足のモモやお腹周りにセルライトが付いてしまいます。セルライトが付いてしまったらセルライトを落とすのは難しいので食生活を整えましょう。

私は筋トレをするために毎日夕方になると自分の時間を作ります。

私は筋トレを最近しています。その理由は、ただ単に年を取ってきて筋トレをしなければもうなよなよになってしまうと思ったからです。そこで最近はいろいろと考えて筋トレの部屋を作って一人になれる時間を設けてみました。なので最近はたくさん筋トレをしようと思って部屋から出てこない日もあります。

鍛神を購入して飲んだ効果

しかし私には家族がいるので、家族の夕飯などを作る時までは一人きりになってそれ以外は筋トレに集中しています。主な筋トレは、「スクワット」と「腕立て伏せ」です。特に最近は腕立て伏せを入念にしていて、一生懸命やっています。

そうすることで腕立て伏せが楽にできるようになってきたかなというところまで行っていますが、なかなかうまくはいきません。私はブリッジは上手ですが、腕立て伏せは自分の体を支えることができないのでできていないんですよね。

そういう感じで最近はゆっくりゆっくり自分のペースで行っている感じです。正直子供がいると自分の時間が取れないため、子供がいない時間帯に集中して取り組んでいます。もうそろそろ一か月くらいになるでしょうか、まだまだ始めたばかりで、カレンダーに印をつけているところです。これからもこの先もしっかりとやっていきたいと思います。

1日5分の筋トレで脚やせ効果が!

皆さんは、ダイエットをするときにどの部分を重点的に行いますか?私は、以前から太りやすい体質で、さまざまなダイエットに挑戦してきましたがあまり体重を落とすことができていませんでした。

しかし、ジムのトレーナーをしている友人に筋トレを勧められてからは、悩みだった足の太さも解消することができたんです!

メイプアップは効果なし?市販で買える?3ヶ月飲んだ効果と口コミ

友人いわく、人は体重よりも見た目が大切、とのことで、食事制限よりも筋トレがオススメと教えてもらったのです。方法はもとっても簡単でした。寝る前に、布団の上に仰向けに横になり、足を上げて自転車をこぐようにするだけ。

これ、いろいろな雑誌などにも取り上げられていたりするので、皆さんもご存知の方法かと思います。しかし、実際には毎日続けることができなかったり、やってみると意外ときつかったりして、効果を実感できた人ってもしかしたら少ないのかもしれません。

私は、今回は本気でやろう!と決心したので、1か月毎日寝る前に続けることができました。1日たったの5分、この足こぎをするだけで、あとは食事制限などもせずいつも通りに生活していたのですが、1か月後、会社の同僚から「痩せた?」と声をかけてもらえることができました!ダイエット宣言をしていたわけではなかったのですごく嬉しかったです!皆さんも是非続けてやってみてくださいね。

おばあさんでも、筋トレ?

62歳のおばあさんです。鍛神HMBの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトは?
おばあさんが、筋トレ?と思われるかもしれませんが、おばあさんこその筋トレです。筋肉の衰えを気にしています。このまま、どんどん筋肉がら衰えていくと、いつか、歩けなくなって、ねたきりになります。寝たきりになると、認知症になることが、多いと聞きます。それは、困ります。周りに迷惑は、かけたくないのです。死ぬまで、自分の足で、歩きたい。そんな希望を持っています。認知症になって、足腰が、しっかりしていると、周りのものに迷惑が、かかるという声も聞きますが、どうしても、筋トレをしたいのです。

だからといって、ジムに通って、筋肉りゅうりゅうのおばあさんとは、気持ち悪いです。それでも、家で、地道に腹筋をするかといったら、三日ももちません。

そんなことをいろいろ考えあぐねていたら、娘が、「お母さんに、ちょうど良いものが、みつかったよ」と教えてくれたのが、プランクです。

プランクは、簡単にできました。

最初は、1分から、始めました。1分でも、なかなかしんどかったのですが、何日か、やっているうちに、もっと、できそうと思うようになりました。そこで、1分15秒に挑戦 1分30秒に‥というふうに増やしていきました、

もちろん、鶏手羽肉は、ハムにして食べています。

おばあさんでも、筋トレ、がんばりますよ。

無理なく日常生活で出来る筋トレ

筋トレと聞くとジムを思い浮かべると思います。せっかく鍛えるのならジムに行くのが良いのは確かです。しかし、忙しくて中々いけないという人も多いですよね。

今回は、そんな忙しい人のために、本格的な筋トレではなく、誰でもできるプチ筋トレをご紹介したいと思います。

内容は非常に簡単。筋トレでの一番の敵は「長続きしない」という点です。故に、日常生活でしていることに筋トレを盛り込めば良いのです。

具体的には「歩く」という動作です。

鍛神HMBの最安値通販と購入

筋トレと聞くとダンベルを持ち上げたり、腕立て伏せをしたりというのを思い浮かべる方が多いのですが、実はバランスが非常に大切になってきます。

特に下半身は忘れられがちです。下半身が人間を支えている為、いわば土台となります。

土台がしっかりしていないのに、その上にいくらものを乗せようとしても崩れるだけです。

それ故に、下半身を鍛えることは大切になってきます。

また、歩くという動作は体幹を鍛える事にもつながり、体幹を鍛えるだけで体の軸のブレが整い、綺麗に見えます。

では、この歩くという動作を日常生活のどこに取り入れるのかというと、ポイントは通勤です。

お仕事のために通勤するとき、電車を利用する人が多いと思います。

最寄り駅まで電車で向かい、歩いて会社に向かうというよくありがちな光景。

歩くという動作が自然と入ってきます。ここを利用しない手はないです。

会社帰り、駅一つ分だけ歩いてみましょう。

非常に単純ですが、これだけで少しずつ体が整ってきます。

また、ちょっと面白味が欲しいという方は、通勤時ではなく休日などに散歩をしてみましょう。

繁華街を散歩、近所だけれど行ったことのない地域を散歩等。

「あ、あのお店美味しそう」「ここ新しくマンション経ったんだ」等というようなちょっとした発見があるかもしれません。

子供の頃によくやった「探検ごっこ」のような気分で、ぜひ始めてみるのはいかがでしょうか。