肌の弱さと春夏秋冬の戦い

皆様、春夏秋冬色々好きな季節ってあると思いますが、私は短い秋の時期が好きと言うか、その時が一番ストレスが少ないです。春は花粉やアレルギーに体が反応して体が痒くなり肌がとても荒れてしまいます。夏は暑くなると肌が痒くなり、汗をかく位暑くなると体じゅうが痒くなります。

http://trailouarzazate.com/

汗疹等が体に目立つので、日焼けも考えてですが、夏場でも長袖を着なければなりません。そうなるとそれはそれで、暑くなるので汗をかく悪循環になります。冬は乾燥するので、肌は乾燥してまたまた痒みが増していきます。春夏秋冬の季節の変わり目も肌が弱いので痒くなります。季節の話をするとこの季節に何をしたい等を普通に考えたりしますが、肌が弱い人は肌を心配したり、それに対する備えをしたりしてあんまり楽しみとは言えません。

更に夏の風物詩と言えば海ですが、海水は肌に刺激があるので、あんまり入りたいと思いませんし、肌を焼く事も皮が剥けていく過程で痒くなりますので注意が必要です。冬場は今度はマフラーが大敵になります。マフラーは首回りを暖めてくれますが、外した瞬間に痒みが襲ってきます。肌が弱い人は春夏秋冬いつも警戒していないといけませんが、秋の一時期は私にとって良い時期なんですが、最近温暖化により秋が短いと言われベストな季節がなくなり悲しく思っています