三つ子の魂百までは本当かも…

タイトルの言葉…今はあんまり使わないですかね?

8歳の男の子、4歳の女の子の子育て真っ最中の母親です。我が家は今の褒めて伸ばすタイプの育児ではなくわりと厳しく育てる方針です。(お恥ずかしい話ですが…息子にだけ該当です)

セノッピーが最安値で購入できる通販は?

息子に関してはパパがとっても厳しく1歳になる頃から向き合っては言い聞かせたり事あるごとに叱っていたと思います。泣いて私を頼ってきた時はめいいっぱい抱きしめてあげて「パパは大好きだから怒るんだよ、大好きだから教えてくれてるんだよ。パパとママは〇〇が大好きなんだよ」とずっと伝えてきました。

子供ではなかなか出来ない順番に並ぶ、おもちゃを貸してあげる、困った子がいたら助けてあげる

これをすんなりクリアできた息子に対しては大したもんだなと思っています。今でも積極的なタイプではないけれど友達を大事にできる優しい子になりました。

しかしながら4歳の娘に関しては何だか子育ての慣れといいますかいつのまにかもう気づいた時には3歳を過ぎていまして…

息子とは真逆の自由、自分勝手、世界は私を中心に回っていると本気で思っているような娘に…

もうこれは本当に本当に夫婦で猛反省でどうしてもっと向き合ってあげなかったのかなと。

4歳になり修正しようとしても自我もしっかりあるし何より口が立つので一苦労です。

兄妹でこんなに違うものか…

赤ちゃんの時から向き合う時間は本当に大事な事なんだなと今でも迷走しながら子育て奮闘しています。